婦人

アントシアニンはサプリメントで手軽に摂取できる

このエントリーをはてなブックマークに追加

天然色素で炎症を防ぐ

メンズ

アレルギーや感染症に効果

アスタキサンチンは、自然界に広く分布する赤色の色素です。食材としてはサケ・イクラ・エビ・カニなどに多く含まれています。アスタキサンチンはベータカロテンなどと同じカロテノイドの仲間で、優れた抗酸化力を持っていることで知られています。そのため、美肌や生活習慣病の予防など、いわゆるアンチエイジング効果が期待できるとされています。また、最近の研究によれば、アスタキサンチンには優れた抗炎症作用があることも判明しています。炎症は細菌やウイルスなどへの感染、アレルギー物質への反応、紫外線や化学物質などの刺激等によって引き起こされますが、この時に生じる痛みや痒み、皮膚の発赤などには過酸化脂質が関係していることが分かっています。この過酸化脂質は、体内に発生した活性酸素が脂質と結びつくことで生み出されます。アスタキサンチンの優れた抗酸化作用は、活性酸素の働きを阻害し、過酸化脂質の生成を抑制します。この働きにより、皮膚炎などの症状を緩和する効果が期待できます。アスタキサンチンの持つ抗炎症作用は、特に目の炎症を防ぐのに良いと言われています。目はもともと身体の中でも栄養が届きにくい場所なのですが、アスタキサンチンの構造は特殊なため、目の奥にまでしっかり入り込むことができます。そのため眼精疲労の改善などに効果が期待できるのですが、中途失明の主要原因であるぶどう膜炎と呼ばれる感染症を防ぐのにも役立つとされています。